gatos y una estudiante doctoral

猫をこよなく愛し博士修行に励む日々

◆ プロフィール

riel

Author:riel
アメリカで博士号をとり、近々大学の助教授となります

◆ やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ 月別アーカイブ

◆ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
あけましておめでとうございます
気が着けば、長い間更新が滞っていました。 何だかあっという間に後半が過ぎた年。

10月に博士論文のプロポーザルを書き直しなしで合格。
その後大学の倫理委員会への書類の提出。 そして日本での学会出席と、
データ収集をさせてくれる方々への挨拶を済ましていたりして、あっという間に年末です。

日本は既に新年ですね。 こちらは大晦日の午前中。
大掃除をしながら、来年はどんな年となるか考え出していたら、
ここの更新を思い出しました。(笑)

来年は二つの大きな夢がかないそうな年。
ひとつは博士号をとって卒業。
もう一つは、今は秘密に。。。。って思わせぶりですね。

卒業後は、大学で教鞭もとりたいし、エージェンシーでも働きたい。 まだ五分五分な気持ち。
『教える』という事が本当に楽しくて、自分の天職だと思うようになりました。
どちらにしても、福祉関係の仕事の経験を積んでおかねばならないので、
この一月から福祉事務所で仕事をする事になりました。
前々からお誘いがあった事務所なんだけど、色々な仕事のオファーを断っていました。
博士課程と両立するには責任の思いディレクター職を一度にアプライしないかと
難民事務所の友人に誘われていたりしたのですが、これもお断りしていました。
この友人Wとは、長い間よい関係を保っていたので、
心から私の将来の職について気にかけてくれています。
お互いに困ったときは助け合える大事な関係。
改めて、人間関係を築きあげるには、長い年月が必要だと思いました。
即席な関係で、困ったときだけ人を当てにしても、誰も助けてくれないということ。

大学でソーシャルワークの教鞭をとるためには、
二年の修士後の福祉関係の仕事経験を問われますが、
ある意味これは形だけという所もあります。
その大学が本人を気に入れば、一年以内の経験の人、
否無経験の人でも雇って貰えたのを知っています。
それでも、一様卒業一年まえから経験を積んでおかねばと、今回あるプログラムのコーディネートを
させてもらうことになりました。今からとても楽しみです。

今年は念願の、博士論文ポロポーザルの合格と出版がありました。
母は長年のメニエール病を克服、
夫は、新しい職場に引き抜かれ、楽しく仕事をしています。
何より、結婚十五年を迎えた今年も、15年まえと変わらず夫婦仲が良い事が幸せな事です。
来年も、家族全員健康で、それぞれの夢が叶うようにと願います。

皆様も、良いお年を!

黙々と
黙々と、博士論文とジャーナル出版のためのアーティクルに打ち込んでいます。 学校にも、色々用事があっていくようになりました。 学校では、学友のYとSとお昼なんかを食べたりしてほっとする時間もとっています。 前回に三人で韓国サウナに行って楽しかったので、ひと段落したら又行こうといっているところです。 

ココの所、負のエネルギーに触れることが多かったため、愚痴の日記が多かった。(--;) でも、忙しいのと、プラスのエネルギーを与えてくれる人達だけとの交流で、また力が沸いてきています。

教授たちとも、良い交流ができています。 コミッティーメンバーだけではなく、外部の先生達も、私の研究内容に興味を持ってくれていて質問を受けます。 前プログラムデレクターの教授は、社会発展の研究では有名な人なのですが、大きな範囲にわたる私の研究の大変さも知っていて、励ましてくれます。 多くの人がやってこなかった研究内容であるからこそ大変だし、だけど良い内容の博士論文を書き上げれば、それはそのエリアのマスターピースになるだろうから、頑張って欲しいという事を言われました。 彼はお世辞を言う人ではないので、これには本当に感激しました。『経済的に許すのなら、少しでも長い時間をかけて、素晴らしい博士論文を書きなさい。卒業したら、こんなに時間をかけられる事はないのだから。』と時間をかけている私へのエールも贈ってくれました。 

相変わらず、チェアの教授は厳しいです。(^^) でも、親心としての厳しさをヒシヒシ感じています。 その前プログラムディレクターの教授も、私のチェアが優秀だとしっているので、その厳しさが大事だといってくれました。 

秋学期、また教える仕事も始めます! 一年ぶりなので、とても楽しみです。 教える事は楽しいばかりじゃありません。責任も大きい。 でも、それだけに病みつきになる仕事でもあります。 今度はどんな生徒にあえるか楽しみです!
噓が止められない人達
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2010/06/15 11:15】 | アメリカ生活 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
出版・一つの課程
何だか毎日毎日何かを書いている日々がここ数年続いていますが、嫌にならないのは書いている内容が興味のあるものだからかな。 一つのリサーチペーパーが、ファーストオーサーとして専門ジャーナルに載ることになりました。 出来るだけソーシャルワーク系の中でも、ハイ・インパクトなジャーナルに載せたかったので、このニュースが先週入ってきたときは嬉しかったですね。 私のもう一つの研究分野でもある、青少年の非行に関する内容です。 前にも書いたのですが、今年一杯にあと最低三つは提出したいと思っています。 

夫も何より喜んでくれて、早速花束を贈ってくれました。 母が良くなった分だけ、本当に色々やることが出来るようになりました。 秋からはまた教えたいと思っています。 卒業まで一年か、一年半、博論も書きながら外での仕事も秋ごろから始めるつもりです。 卒業というのは、一つの課程であって、実はそれからの方が夢が多いのです。 叶えたい夢が幾つかあるので、一つずつこなしていけたらと思います。

私生活でも、もう一つ大きな叶えたい夢があるので、そちらの方も今から楽しみ。 テレビである女性が『家庭と仕事を両立しようと思ったことはない。 ただその時やりたい事をやれるだけやるということ。』と言っていましたが、私も全くその通りだと思います。 仕事も家庭も両方大事。 どちらも大事に扱っていれば、必ず花が咲くときがある。 どちらも、周りの人々に感謝の念を持っていれば、困難も通りこすことができる。 
一年後は。。。。
もう一つのジャーナルへの投稿が終わり、あと出来ればこの夏に二つは書きたいと思っている。 そのほかにも友人とコンセプチュアルなペーパーも書く予定だ。 そして、遅れているプロポーザルを夏のうちに終わらせる。 卒業は来年の五月が目標だけど、外での仕事の様子によって半年伸びるかもしれない。 ベストなのは、卒業までに出版を最低四つは出しているようにといわれているので、半年の遅れは反ってよいのかもしれない。

博士論文も焦らずに。 この数ヶ月内の博士論文の試問を見てきた友人が、その厳しさを伝えてくれた。 一人は不合格。 もう一人は、普通はその試問の後の10分ほどで決まるはずの合否の発表がその日のうちにすら出されなかったらしい。 そんなことを考えたらぞっとする。 一年後のために、しっかり今のうちにがんばっておかねば。 今まで私が見てきた友人の試問のなかでは、こんなケースは無かっただけに、彼らの博士論文の優秀さが今更分かった。 

仲の良い友人が一人卒業をして、この週末彼女のお祝いパーティーを仲良しだけ集まって開いた。 我が家の近くの湖の上でポントゥーンボートの上でパーティー。 彼女はシカゴ出身ということで、シカゴから沢山の家族と友人が来たらしい。 卒業式は、私は仕事をする日だったのでいけなかったのだけど感激を語ってくれた。 一年後、自分もそうなっていれば嬉しい。 私も幸い、『仕事休んででも、絶対卒業式には行くからね!』という友人達が居てくれてありがたい。 父の代わりに出席したいという叔父と従兄も来てくれるという。 母も勿論。 そして、仲の良いテキサスでのふた家族もそうだし、猫友達も。 そして、出来れば同じ時期に卒業式に出たいと言い合っている学友二人。

そして、何より、私とともにこの大変な博士課程を通ってくれた夫がメインゲストだ。 彼無くして、自分はココまでこれなかった。 生涯を共にする、最高の大親友が夫であり、そしてチアリーダーというのは、きっと何よりの贅沢だと思う。 卒業式には、チェアの先生が個人個人の家族への思いなども読み上げてくれるのだけど、夫への感謝の想いで一杯の言葉となりそうだ。 お互いに感謝しあえる感覚というのは、楽しいときだけではなく、辛いときを一緒に乗り越えた夫婦にだけ共有できる感覚かもしれない。 父と母の看病をしながらの博士課程を乗り越えられたのは、一重に夫のおかげ。 既に卒業した同学年の友人達も、全て家族が居ながらの博士課程だったけど、やっぱり伴侶への感謝は皆同じく述べている。 若い世代という事もあり、学問と私生活の両立を皆上手にこなしてきていた。 彼らにも、『何が一番大事か』がしっかり見えていたんだと思う。 昔の『学問一筋』というアカデミアの雰囲気は、既にシフトされている。 どちらも大切だから、どちらも頑張るという感覚だろう。

あと残り一年。 本当のことを言って、今が一番楽しいときかもしれない。 自分が真剣に取り組んできた社会問題のリサーチへの最終段階。 データコレクションのめどもついているので、今は本当にワクワクしている状態だ。 頑張ろう。

◆ ブログ内検索

◆ RSSフィード

◆ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright gatos y una estudiante doctoral all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by コーチングブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。