gatos y una estudiante doctoral

猫をこよなく愛し博士修行に励む日々

◆ プロフィール

riel

Author:riel
アメリカで博士号をとり、近々大学の助教授となります

◆ やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ 月別アーカイブ

◆ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
あけましておめでとうございます。
日本のお正月気分とは全く違う街の雰囲気ですが、ホリデーシーズンもあけ、通常の日々が戻ってきたようなテキサスです。 というか、寒い! テキサスで氷点下というのは10年に一度ほどらしいですが今年は寒い。 年末年始は普段会えない友人と会う良い機会なので、寒さも気にせずあちこち出かけていました。 また新しいセメスターが始まれば忙しくなりそうです。

頑張れば今年一杯に卒業だと思いますが、学校以外にもやり始めることが多い年になる予定なので、多分来年が卒業だと思います。 博士論文の土台もだいたい出来上がっていたり、DATAの収集先もだいたいめどがつきそうだし、後は淡々と仕事をこなしていく学生生活となりそうです。 ここ数年学校の事が中心だったので、今年から少しずつ他の方へシフトしていきたいと思っています。 

年末はゆっくり本を読んだり、ニュースを読んだり、友人と色々な話をしてみたり、とても実りのある時間も過ごせました。 ちょっと気になるのが、日本の政治の行方。 去年の政権交代という大きな出来事以外細かい日本の出来事を追っていなかったので、年末にあちこち(日本・アメリカ両方)の情報を手にしてみて、ちょっとびっくりしている状態です。 はっきりいって、去年より今年のほうが日本の大転換期なのではと思えてしまうほど。 

政権交代自体は良かったことなのだと思うのだけど、ちょっと日本のリベラルと保守のあり方ってこんなだったっけ。。。と思ってしまいました。 アメリカの二大政党制を意識したコメントが去年多かったけど、ちょっとアメリカのとはあまりにも違いすぎますね。 アメリカの方がよいとか悪いとかじゃなくって、日本のその違いがあまりよいほうに向いてない気がして心配。 新しい政権って国民のためのリベラルというよりは、何だか革命のためのリベラルというような。。。ちょっとフレンチの革命を思い出してしまうような、そんな雰囲気が出ていますね。 マニフェストをクリアしきれないこともあるのでしょうが、投票した国民が誰も頼んでいない改革に大きく踏み込んでいるようで。 ココでアメリカのようなバランスの取れた二大政党制を確立するためには、これまた衰退してしまった保守、それも新しい感覚の保守に頑張って貰うしかないのに、自民党もなんだか古い体質のまま。。。舛添さんあたりは本当に変化を起こしていく体制なのだろうか。 

特に、外国人参政権は本当にもっと深く考えるべきものだと思います(特に国政に関しては)。 私個人、アメリカの市民権をとっているからこそ、この国で投票できるわけです。 永住権保持者に投票権はこのアメリカだってありません。 この外国人参政権と日本においての人種や国籍における差別の問題は全く別の分野の問題。 私も何人か外国人として日本に住む友人をしっているし、未だに差別を受けている事もしっています。 そしてそれは絶対あってはいけない事だと思います。 ただ、結果居住する国の国益を左右する権利を持つか持たないかは、その国の人間になるのだという強い意思がない限りもてないものだと思います。 私は事情があって市民権をとりましたが、その決断を下すまでの心模様はそれを通らない人にはわからない物だと思います。 『日本は日本人だけのものではない』という内容の事を鳩山さんが言ったときには本当にびっくりしました。 日本ってそこまで自虐的になってしまったのだろうかと。 国籍は日本ではないけれど、祖国日本は毅然として『日本』であって欲しいといつも願っています。 他の国籍の人達が皆そうであるように。『自分の国を愛する』という心=『他国をさげすむ』という図式はこの時代にはありえない。 他国も尊敬するし自国も愛する。 ネオナショナリストのような、これまた極端なものも考え物だけど、自国の国益を他国籍の人に任せてしまう考えも問題だと思えてしまいます。 

アメリカ追従から脱却する事ももちろん大事。 だけど、『革命』ではなく『改革』としていくのであれば、それがどれだけ時間を要する物かも皆分かっているはず。 そして、自国のためにこそ、自国を守るためにこそ、しっかり時間をかけて自立する道を探していかねばならないのではと思います。 アメリカは要らないし、自衛のコストも下げたいしという二つの相反する事柄を同時に進める事にも懸念を感じてしまいます。 もっと時間をかけて、慎重に行う改革が必要じゃないんだろうか。

と、年末からちょっと祖国の今年の先行きを考える機会がありました。 ということで、アメリカからみた私の一人ごとでした。 これからも目が離せない状況ですね。

何人のかたからか、コメントを投稿したけれど反映されないというメッセージを頂きました。 迷惑コメントを避けるための設定のためだと思いますので、今年からコメントを『承認制』にしました。 反映されるまで時間がかかると思いますがよろしくお願いします。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ RSSフィード

◆ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright gatos y una estudiante doctoral all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by コーチングブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。