gatos y una estudiante doctoral

猫をこよなく愛し博士修行に励む日々

◆ プロフィール

riel

Author:riel
アメリカで博士号をとり、近々大学の助教授となります

◆ やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ 月別アーカイブ

◆ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
生徒のレッテル・嘘をつく家族
珍しく雨つづきのテキサスです。 でも、こういうときは『雨の日には雨の日を』という言葉を思い出します。 雨の日を楽しむ事を考えたりして。 そうするだけで結構気持ちが晴れやかになったりします。

学校の方は相変わらず忙しい状態。 教えることにだけ時間を費やさないためもあり、チェアから与えられたプロジェクトや、他の教授とのプロジェクトを抱えて頑張っています。 『教える』ことも本当に毎週新しい経験をしています。 そしてその『教える』ということの奥の深さも感じています。 そう、教える方も実は教えられているということ。 生徒だけではなく、自分も成長しているのでしょう。 生徒達の『解った!』という瞬間に立ち会えることが一番嬉しいことです。 修士の学生を教える事は大変でしょうという人もいるのだけど、それはその人によるんじゃないかな。 友人の旦那さんにも、バチェラーとマスターどちらが良いとかという事はないねと助言を頂いていたのですが、本当にその通りだと思います。 どちらも違う意味で醍醐味があるでしょう。 修士の生徒は歳をとっているだけに文句ばかり言うという間違った噂を流している人も居ますが、それは多分自分の経験から来ているのでしょう。 両方教えておくほうが、将来のためになるのは確かだと思います。 そして、その時、そのセメスター、そのクラスによって個性は色々違ってくるのも確か。  変に生徒を枠でくくらずに、生徒にレッテルを貼らず、どの生徒でも、誠心誠意をもって教えれば伝わるものは伝わると思います。

話は変わるのですが、友人が立て続けに離婚の危機に立たされていたりします。 どちらも相手の『嘘』が原因。 子供もいるだけに本当に切ない。 色々な心の病気を抱えている人がいて、それをサポートする事は友人としてだったり、家族として必然的なこと。 でも、それも心の病気の種類によるのだと、Mental Healthを勉強した経験から思います。 『嘘つき』という病気は簡単に治らない。 病的に嘘をついてしまう、つまり普段の生活のなかで淡々と嘘をついてしまう病気は治らないケースが多い。 そして、よく言われているのだけど『嘘つき』の対処方は、嘘をついたその時にとことん指摘しない限り、上手く逃げられてしまう。 しかし、日常的嘘つきと関わるという事は、相当のエネルギーが吸い取られていくのも確か。 家族はいつかは治るだろうと期待するのだけど、それはまず難しい。 私が出来る嘘つきの家族や友人が居る人へのアドバイスは、『嘘をつくチャンスを与えないこと』、つまり『接触』を持たないことしかない。 

私も『嘘をつく』人を助けようとした経験があるのですが、これは自分の方が頭がおかしくなる経験でした。 だから、嘘つきとはなるべく接触しないというのは、知識と経験両方から来るアドバイス。 嘘にも色々な形がある。 私が経験したのは、『自分の弱さ』を隠すために嘘をつき続ける人。 人間、弱くてもいいと思うんです。 特に若いうちは、経験が足りないだけ弱い部分があって当たり前。 しかし、『弱い』のに『競争心』が人一倍だったその人は、自分の弱さを隠すために、誰にでもバレテしまう嘘を繰り返す人だった。 可哀想だと思い助けてあげても、その親切心にも又嘘で返されてしまう。 既にばれているような嘘でも、つき続けなければいけないその病気に、哀れみもあいまって、『助ける事』がかえってその人の病気を悪くすると思い距離を置くようにしました。 でも、こういう病的嘘つきの人はちゃんと、次から次へと『パラサイト』する誰かを見つけるのが得意です。 根本は『現実と向き合うことが出来ない弱さ』から来ている病気なので、一人で居るときは特徴としてとても臆病でいるのですが、パラサイトする対象、そして嘘を信じてくれる人、そしてその嘘をも受け入れてパラサイトさせ続けるEnablerを見つけると、水を得た魚のように行き成り『肩をはって』歩き出したりします。 
Mental Health の授業のときも、数人の教授達から同じ事を聞いていました。 色々な心の病気があるかれど、周りが困憊させてしまうのは『病的うそつき』。 どうでもいいことまで、嘘をついてしか生きていけない。 その嘘はピンキリ。 肩書きや経歴を平気で査証してしまう事や、最悪自分の身を守るために、第三者に嘘をついて、平気で人を陥れてしまう可能性もあります。 そういう卑怯なことも、嘘を軽くつけるのと同じレベルでできてしまう。 

そんな人を家族にもった友人達にアドバイスできることは、いつまでもその人と一緒に居ても、変わることは無いだろうという事。 そして、一緒に居ても自分の方が頭がおかしくなるということ。 決してEnablerにならない事、つまり嘘をついていると知ったら、その瞬間に指摘するか、後は嘘をつくる機会を与えないこと。 ということで、接触を持たないことが一番。 嘘つきは簡単に治る病気ではないと思います。 それでも一緒に歩いていく覚悟があるなら、Enablerとして寄り添っていくしかないでしょう。 きついアドバイスだけど、それしか言って上げられませんでした。 家族に嘘を疲れたという事実だけで、相当のショックだったと思います。 

本当に、子供も関わっているだけに切ないことでした。 アメリカ人といえでも、シングルマザーになり生きていくことは大変なこと。 まずは、嘘をつかれたことのトラウマの解消が必要です。 そして、自立への道。 自分が出来る事は少しでも応援してあげたいと思います。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ RSSフィード

◆ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright gatos y una estudiante doctoral all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by コーチングブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。