gatos y una estudiante doctoral

猫をこよなく愛し博士修行に励む日々

◆ プロフィール

riel

Author:riel
アメリカで博士号をとり、近々大学の助教授となります

◆ やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ 月別アーカイブ

◆ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
新生
新米講師として、二回の授業が終わりました。 感想は、、、、、、、、、、いやー、教師という仕事が自分にあっていると思っていなかったのですが、凄い充実感です。 『解っていない人たち』を『解っている人たち』に変えるお手伝いが出来た瞬間の充実感を知ってしまった。。。。。禁断の果実かも。(^^) 学部生とは違う意味の難しさが院生にはあると思うのですが、何より教える内容が高度なものなので、それをどう噛み砕いて説明しようかと策を立てるのがまた楽しい。 最初の週はハッキリいって準備に時間をかけて過ぎてしまって、そこは反省。 どんなに時間を費やしても、全くシンドイとか思わない自分に気がつきました。 しかし、自分の博士課程生徒としての仕事もあるので、時間の配分をもう少し慣れたら上手くしていかねばと思います。 これが一番難しいかも。

教える内容がリサーチ方法論なので、プラクティショナーになろうというソーシャルワークの生徒に、まずは何故リサーチを勉強するのかという事を伝える事に、初回の授業で力をいれ、『兎に角、恐怖心を捨てなさい。 リサーチを楽しむ気持ちを持って欲しい』と伝えました。 その初回の授業での手ごたえがあり、またその手ごたえが快感となり(笑)、大きな充実感を得られている気がします。 初回の授業の直後に数名の生徒から、『リサーチは興味が無かったけど、なんだか先生の授業は楽しみです。』というメールや、『初回から、必要な情報をくまなく与えてくれてありがとうございました。』というメールを貰いました。 嬉しい気持ちと、この期待に応えられるように頑張りたいと思います。  そして何と、初回のクラスでは20人ほどで始まったクラスが、二回目から行き成り27人という数になっていました。 これまた教師としては遣り甲斐のある事です。 

我が校は、この九月から新しい学部長がやってきました。 新しい学部長が来るということは、学校の雰囲気も一気に変わることもありうるという事です。 『研究』という部門を強化するために選ばれた学部長だと思っています。 まだまだ若い、私と歳の変わらない学部長です。 まさにParadigm shift。 新しいアカデミアの時代を感じさせるこの学部長と何度か話す機会がありました。 ファカルティー全体での彼のウェルカムパーティーにも招待されたのですが、母の調子が悪く行くことが出来なかったので、『お誘いいただいたのに行けなくて』と言いに行ったのですが、本当に気さくで、これからのアカデミアを担う世代としての大事な情報を色々与えてくれました。 

さてさて、母の方も新しいセラピーが始まり、また前向きな気持ちを持てるようになってきています。 人間が体のバランスをとるとき、耳・目・足の裏の三箇所を働かせているそうです。 母の場合、片耳と目に問題があるので、残りの足(特に足の裏)の強化をするセラピー。 母も二回目がおわり、ちょっとバランスが取れるようになってきたような気がします。 家族である私達もですが、本人が何より嬉しいことと思います。

毎週宿題も渡されるのですが、ちゃんと宿題もこなしていて『優等生です』といわれた母はなんだか得意げでした。 歳をとると、ちょっと先の『楽しみ』を与えてあげねばといつも思うのですが、この週一のセラピーがとても楽しみになっているようです。 

なんだか、色々新しいことが始まっている気がします。 そして、今年は色々と年末までに楽しみなことが私達夫婦にはあるので(って秘密めいていますが)、先ほどの学部長の話ではないですが、何かがShiftしている、何かが新しく生まれようとしていると感じています。
スポンサーサイト
☆こっこ☆
リエルさんの喜び、文章からも感じられました。
ミクシィ、まだやられてます?
昔の知り合いが、ハワイでやっぱりソーシャルワークの博士号に居て、興味深い授業をやっていますので、ひょっとしたら読んでみたいかな?と思いまして。
お母様も頑張っていらっしゃるようでよかったです!
2009/09/05(土) 12:11:00 | URL | [ 編集]
リエル
こっこさん、
教える前は、その重責ばかりに気を取られていましたが、その楽しい部分を知ることが出来て良かったです。

Mixiやってますよ~。 こっちのファイスブックも友達にやれやれ言われますが(^^)、実生活で忙しすぎて、中々バーチャルな世界を増やすことは難しいですね。 バーチャルな世界で『友達、百人!』という世界もなんだかフェイクな感覚が自分は好きにはなれないのですが。 Mixiは私は逆にプライベートの友人だけという枠で活用させてもらっています。 あっちの方が本当にプライベートなお友達ばかりという感じですが、こっこさんも又始められるときがあれば連絡くださいねぇ。

ハワイのお友達、是非お話聞かせてください。 我が校の卒業生で一人助教授をしている人がいますよ。 多分同じ大学だと思います。

いやー、色々Audiologistの検査から変化が出てきていますよ。 何でもっと早く行かなかったんだと今では思います。 母の変化がまたあったので、また日記で書きますねぇ~。 いつも気にかけて頂いてありがとうございます!
2009/09/07(月) 09:19:54 | URL | [ 編集]
hana
お久しぶりです。講師として教えていらっしゃるんですね!生徒からの反応があるというのはやりがいにもなりますね。私は日本語を教えているのですが、自分の専門ではないので、説明に困ることもあります(苦笑)。でも、「教える」という点ではすごく勉強になり、また楽しいなあと感じながらやっています。
新しいスタートの予感、楽しみですね。
2009/09/07(月) 14:04:11 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/07(月) 21:38:41 | | [ 編集]
リエル
こちらこそお久しぶりです。 どうしても自分を『先生』という立場で想像できなかったんです。 が、やってみて本当に遣り甲斐を感じています。 しかし、今講師になってやっと『教える側』の大変さが身にしみていますねぇ~。(笑) いやー、『言語』を教えることは一番大変そうですね。 でも、日本語を習うということは、日本が好きでくる生徒が多いのでしょうか? そうであれば、教えやすい環境ですねぇ。 

『Education』、今更奥の深さを感じています。 これもやはりフィロソフィー、ロジック、エピステモロジー、そしてアートという多面な分野ですねぇ。 

お互いがんばりましょ~☆
2009/09/07(月) 22:36:53 | URL | [ 編集]
リエル
鍵コメさん、後ほどお返事します~。 ありがとうございます~☆
2009/09/07(月) 22:38:09 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/09(水) 14:04:33 | | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/11(金) 16:52:06 | | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ RSSフィード

◆ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright gatos y una estudiante doctoral all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by コーチングブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。