gatos y una estudiante doctoral

猫をこよなく愛し博士修行に励む日々

◆ プロフィール

riel

Author:riel
アメリカで博士号をとり、近々大学の助教授となります

◆ やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ 月別アーカイブ

◆ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
一周忌・大人になること
父の一周忌の今日、そして明日は学校関係でどうしても会っておきたい人がTXに来ているという事で、メキシコ学会は自分の二つの発表に間に合うように遅れて出発します。

父が亡くなって一年。 ショック、悲しみ、受け入れ、と色々な感情の段階を超えてきましたが、誰もが言うとおり、やっぱりその悲しみは時間しか解決してくれないという事でした。 今は、悲しみとういよりも、ふと父に会いたいなぁと思う事があります。 若い頃の自分の親不孝を、もっとキチンと謝りたかったとか、父にもっともっと感謝の言葉を伝えておくべきだったとか。

思春期は、本当に反抗心旺盛で。 大人になりかけている年頃だったから、大人の世界の汚さが嫌だったり、親と違う生き方をしたいとか。  まだまだ若造だから、『親も人間』という肝要な目を持つことも出来ず、親を攻めることも度々。 自分の未熟さも振り替えらず、大人を攻めることが多かったな。 
でも、性格がこういう『白黒ハッキリ型』だから(笑)、反抗している親の世話になってまで大学に行きたいと思えなかった。 親の事とやかく文句を言うのなら、その親から援助してもらってまでと。 親は卒業後そのまま大学に行ってほしかったようだったけど、18という歳で自分が本当に何を勉強したいかもわからず、多額の授業料を親に払わせるのも嫌だったし、反抗している親にそういう時だけ世話になることもつじつまが合わなくて嫌だった。  『言いたいことを親に言うなら、自分もやることやってから』じゃないとカッコ悪すぎだと。

若い頃は、親がメチャクチャてこずった子供だったと思います。 不器用で、何でも自分でやってみて、頭ぶつけなきゃ分からないバカ。 でも、親はそんな私でも陰から見守ってくれたんだよね。 大人になって、厳しい親のそれなりの親心が分かってきて、そして親にも『人』としての歴史があることにも気が着いたりして。 そして、18で初めて働いてみて、独立してみて、一円を稼ぐことの大変さを学んでみて、一円を稼ぐために『嫌なこと』も受け入れなければいけない経験もして、親がどれだけ守ってきてくれていたかとか、厳しい言葉も自分のためだったんだとかが身にしみてわかった。 それからは、自分の若気の至りからの親不孝の穴埋めのごとく、親との距離を縮めていった。  『働く』ってことの大変さ、ただ学生アルバイトとかじゃなく、全て自分の稼いだお金で自活するという事の大変さは、何よりの人生勉強だった。 人(親)から簡単にもらえるお金では、本当の意味でのありがたみがわかなかったんだろう。 そして、親に心配をかけることが少しずつ減っていった。 

就職が第一の大人への階段だったのなら、結婚が第二の階段だったと思う。 結婚してからも、出来るだけ心配かけないように、というより『結婚=一人前』なのだから、今度は自分達が親にどれだけをして上げられるかを考えるようになっていった。 まだ日本に住んでいたとき、夫がアメリカ本社に呼び戻される事となった。 最初私は、どうしても日本でやりたい事があったから夫のみアメリカにと思った。 親は私だけ実家に帰って来れば、その分生活費も浮くだろうとからと言ってくれていたが、内心は夫について行くべきだと思っていたようだった。 確かに、結婚していながら二世帯持つということは、何もかもダブルとなる。 家賃、光熱費、電話料金、など等。 でも、その分を親の所に世話になってというのも、金銭面だけではなく、夫婦が離れて暮らしているという事だけで、昔の人達には心配事が増えるだけとなるわけで、結局それも出来ないと。 数ヶ月という区切りがあるわけではなく、何年となることもありえるわけで、結局日本で自分がやりたいことは諦めて、アメリカに夫と暮らすためにわたってきた。 結婚して大人になるということは、双方の親を含めた回りの人々に心配をかけないことだとやっと理解できた時。 周りの人の色々な援助や心配を得てまで、自分のやりたい事を貫くのは子供のうちだけ。 大人になったら、大人として生きるために良い意味で『諦める』事がある。 それが潔くできるかどうか、これが大人と子供の違いなんだと思う。 そして、その次の段階が、今度は自分達が自分達の子供のために、良い意味で色々な物を諦めて行くんだろう。 それが人間としての行き方なんだろう。 その『諦める』ということは決してネガティブな意味でも事柄でも全くない。 何かを手に入れようとするとき、何かを手放すことが必要だったりする。 でも、不思議なことに、それをきっぱり手放すことで開けることが出てくる。 これは経験した人にしかわからない事かもしれない。 そして、今度はそれが『喜び』にも変わっていく。 そう思えるのが大人なんだろう。

心配ばかりかけた10代。 それは簡単にかき消すことが出来るわけではなく、きっと父の遺影のまえで、いつまでもご免ねといい続けることなんだろう。 生きているうちにもっともっと『ごめんね』と『ありがとう』と伝えることはあったけど、それが出来ていない部分は、自分がキッチリ心の中で抱えていくべき事なんだろう。 決してそこから逃げずに。 『親稼業』は大変だとよくいうけれど、今になって心から親に感謝できることが多い。 日々心配かけられていた親は、辛かったはず。

まだ走り続けることや頑張ってる姿。 一生懸命、『人』として恥ずかしくない道を歩こうと頑張るよと、父に見せ続けることが一番の供養なんだろう。
スポンサーサイト
Yucca
リエルさん、ご無沙汰しています。ブログは更新されるたび読んでいます。
お父様の一周忌だったのですね。私の父も色々な持病があるので心配が絶えません。できるときにたくさん親孝行しておきたいです。

>何かを手に入れようとするとき、何かを手放すことが必要だったりする。 でも、不思議なことに、それをきっぱり手放すことで開けることが出てくる。

この部分、すごく共感しました。人生、何もかも手に入れられたらいいけど、時には思い切って諦めなければならないときもありますね。でも、リエルさんの言うとおり、手放すことで新しい何かが開けたりするんですよね。
私も夫のアメリカ行きで仕事を辞めて、今は思ってたのとはまったく違う専業主婦の子持ちになりましたが、自分の今に満足しています。あのとき手放さなければ違った未来だったかもしれないけど、今はこれで良かったって思えます。

リエルさんは若い頃から一本芯が通ったしっかりした考えを持ってたんですね。尊敬しちゃいます。
今は自分の力で勉強されていて、きっと天国のお父様の自慢の娘さんですね!
2009/07/28(火) 08:41:47 | URL | [ 編集]
リエル
Yuccaさん、
お返事おそくなりました。 メキシコから昨日かえって来ました。 コメントありがとうございます。 Yuccaさんもアメリカ行きのときは色々ご心配も多かったですね。 お父様も持病を抱えながらの日々ということで、Yuccaさんの労わりが何より嬉しいことと思います。

そうでしたよね。 アメリカ行きのとき、長く勤められていた会社を辞める決断はさぞかしのことだったと思います。 でも、今は日々子育てで充実しているということ。 人生って、選択は一つじゃなくて、そしてその沢山の選択は日々の生活の中に沢山転がっているような気がします。 一つの事に固執してしまうと見えなくなってしまう。 

逆に、何もかも手に入れようとしてしまうと、全てをなくしてしまうこともある。 今の私も、何が一番かのPriorityをつけることで、日々の選択をしています。 今はやっぱり家族が一番。 その後が学校。

出来るだけ、自分の心にそった選択をしていけば、間違いはないと思えました。
2009/08/01(土) 10:21:38 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ RSSフィード

◆ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright gatos y una estudiante doctoral all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by コーチングブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。