gatos y una estudiante doctoral

猫をこよなく愛し博士修行に励む日々

◆ プロフィール

riel

Author:riel
アメリカで博士号をとり、近々大学の助教授となります

◆ やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ 月別アーカイブ

◆ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
R.I.P. - If I knew it would be the last time
今日は午後から出かけるので、家でMJの葬儀を見ています。

先日、妹のジャネットが『彼は私達にとっては大事なファミリーだった』と言っていた。 そうだよね、彼女にとっては大事なお兄さんだったんだろうね。 こんなに早く逝ってしまうとは思わなかったんだろうね。

父の一周忌が近づいてきている。 色々な事を思い出す。 人は忽然と姿を消すんだと実感した日から一年。 家族を亡くす経験は、きっと誰にとっても辛い経験。 

父が虹の橋を渡ってから、私が父に願うのは、Rest in peace. そして、私自身に言い聞かせている言葉は『今日を生きよう』ということ。 明日は誰にも分からないんだから。 だから、今日言いたいことは今日言うようにしようと思った。 

『愛しているよ』という想いを毎日、色々な言葉や行動で伝えるようにしようと思った。
愛する夫、母、そして猫達に。
忙しさにかまけて、大事な人たちを心のどこかに置き去りにしないように。

Youtubeでこんな素敵な詩を見つけました。
”If I knew it would be the last time”
http://www.youtube.com/watch?v=CX5iZx7FIok&feature=related
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ RSSフィード

◆ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright gatos y una estudiante doctoral all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by コーチングブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。