gatos y una estudiante doctoral

猫をこよなく愛し博士修行に励む日々

◆ プロフィール

riel

Author:riel
アメリカで博士号をとり、近々大学の助教授となります

◆ やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ 月別アーカイブ

◆ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
いつも後頭部
rinchanspeedy.jpg

何だかいつも後頭部ばかり載せられているリンちゃん。
今回は、屋根の上に行き成り現れたロードランナー
を食い入るように見つめるリンちゃん。 
猫の本能を擽られているのか。。。

余り政治の話は、過去の苦い経験から困ったさんネット上では語らないようにしていたんだけど、そろそろ解禁かなというのと、自分の専門に関する事はその都度、大事な事柄として書きとどめておきたいと思う。

まだまだ大統領選挙制の本番まで長いように感じるけど、今のうちから、この国に住む人間として、情報は得るようにしている。右より、左より、両方の記事も読むようにはしている。何より、政治は感情で語ってしまったら疲れるのも分かっている。出来るだけ、その時その時の時勢にあった政党の政策を支持したい。何が何でもデモクラット、何が何でもリパブリカンってのは、どうしても理解できない。そして、短期ではなく長期的視野も必要になってくる。

今回の選挙の現在のフォーカスはやっぱり健康保険。そして私の専門からすれば、無視できない話題。その点において抜きん出ているのがやはりヒラリー女史。彼女の頭のよさは数々の逸話で知っているが、今回の彼女の国民健康保険プラン、読んでみたけど決して注目を浴びる為だけのものではないのが分かってきた。とても実現可能なのだと私は思えてきている。彼女のサイトにそのプランが分かりやすく説明されている。
http://www.hillaryclinton.com/feature/healthcareplan/

自分が生きている間に(ってそんな年寄りじゃないけどね)女性かアフリカンアメリカンの大統領など出てこないと思っていた。けれど、これはもしかしたら・・・と思わせられている。

そして、リパブリカンに偏って数年、そろそろデモクラットの時なのだと、今までのアメリカがそうであったように振り子が逆方向へと揺れ出しているという感覚もある。先週ブッシュ大統領がS-CHIPという、簡単にいえば保険が払えない子供たちをサポートする法案の、再可決のVetoにサインしたのだが、これ又正しくリパブリカンらしい『出来るだけ国民に自立させる』という健康保険へのスタンスを、ブッシュ大統領が理由に掲げている。これは、何度聞いても、どうしても解せない。 国民全体というわけではなく、特定された子供たちへの援助すら認められない。健康に関しては、自立云々の問題の前に国の責任が語られるべき。国民健康保険の是非については、色々語られているけど、仕事を失うと、健康まで失わねばならない現実はおかしい。

他にも、色々選挙へ向かって話題になる事はあると思う。 選挙の近くなって、それぞれの候補者のスタンスを知るために、私は、League of Women Votersという組織のサイトをみるようにしている。これは、アメリカで最初に女性が選挙権を得た頃から続く組織で、色々なことを分かりやすく説明してくれたりする。
http://www.lwv.org/AM/Template.cfm?Section=Home
まだまだ時間がありそうだけど、今から色々見聞きしてみたいと思う。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ RSSフィード

◆ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright gatos y una estudiante doctoral all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by コーチングブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。