gatos y una estudiante doctoral

猫をこよなく愛し博士修行に励む日々

◆ プロフィール

riel

Author:riel
アメリカで博士号をとり、近々大学の助教授となります

◆ やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ 月別アーカイブ

◆ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
あけましておめでとうございます
気が着けば、長い間更新が滞っていました。 何だかあっという間に後半が過ぎた年。

10月に博士論文のプロポーザルを書き直しなしで合格。
その後大学の倫理委員会への書類の提出。 そして日本での学会出席と、
データ収集をさせてくれる方々への挨拶を済ましていたりして、あっという間に年末です。

日本は既に新年ですね。 こちらは大晦日の午前中。
大掃除をしながら、来年はどんな年となるか考え出していたら、
ここの更新を思い出しました。(笑)

来年は二つの大きな夢がかないそうな年。
ひとつは博士号をとって卒業。
もう一つは、今は秘密に。。。。って思わせぶりですね。

卒業後は、大学で教鞭もとりたいし、エージェンシーでも働きたい。 まだ五分五分な気持ち。
『教える』という事が本当に楽しくて、自分の天職だと思うようになりました。
どちらにしても、福祉関係の仕事の経験を積んでおかねばならないので、
この一月から福祉事務所で仕事をする事になりました。
前々からお誘いがあった事務所なんだけど、色々な仕事のオファーを断っていました。
博士課程と両立するには責任の思いディレクター職を一度にアプライしないかと
難民事務所の友人に誘われていたりしたのですが、これもお断りしていました。
この友人Wとは、長い間よい関係を保っていたので、
心から私の将来の職について気にかけてくれています。
お互いに困ったときは助け合える大事な関係。
改めて、人間関係を築きあげるには、長い年月が必要だと思いました。
即席な関係で、困ったときだけ人を当てにしても、誰も助けてくれないということ。

大学でソーシャルワークの教鞭をとるためには、
二年の修士後の福祉関係の仕事経験を問われますが、
ある意味これは形だけという所もあります。
その大学が本人を気に入れば、一年以内の経験の人、
否無経験の人でも雇って貰えたのを知っています。
それでも、一様卒業一年まえから経験を積んでおかねばと、今回あるプログラムのコーディネートを
させてもらうことになりました。今からとても楽しみです。

今年は念願の、博士論文ポロポーザルの合格と出版がありました。
母は長年のメニエール病を克服、
夫は、新しい職場に引き抜かれ、楽しく仕事をしています。
何より、結婚十五年を迎えた今年も、15年まえと変わらず夫婦仲が良い事が幸せな事です。
来年も、家族全員健康で、それぞれの夢が叶うようにと願います。

皆様も、良いお年を!

スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ RSSフィード

◆ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright gatos y una estudiante doctoral all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by コーチングブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。