gatos y una estudiante doctoral

猫をこよなく愛し博士修行に励む日々

◆ プロフィール

riel

Author:riel
アメリカで博士号をとり、近々大学の助教授となります

◆ やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ 月別アーカイブ

◆ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
厳しい~先生・ゴシップ大会
やっぱりこの夏も忙しいです。(^^) 博士論文のプロポーザル書きとジャーナルへの投稿のためのペーパーと、相変わらずマルチタスキングな状況。 秋からは教える事を再開するのと、外でのお仕事も始まる予定なので、超マルチタスキングとなる予定。 一本目のジャーナル出版がオンラインで出ました。 ちょっと感慨深いですね。 

私のチェアは厳しいことで有名。 何人かの生徒に、『へ~○○先生がチェアなの! あの先生がコンプの試験にいて、すっごい厳しくてタジタジだったよ。』と評判。 でも、彼の厳しさが生徒のためのものと知っていて、後から感謝することがあったという人もいます。 勿論、私にも超~厳しいです。 何度書き直しをしていることか。(^^) でも、彼のその厳しさについてきたから、出版もあったし、これからも出版できると自信をもてました。 わが校の博士課程はもっと厳しくあるべきと考える教授陣の一人で、学校のトップからもその姿勢をかわれている人だと思います。 親心と同じ。 今、博士課程に居るときが、厳しく指導してもらえる最後のチャンス。 一度博士になったら、誰もそんなことはしてくれない。 それを感謝するかどうかは、受けとる方の心の問題でしょう。 それを真摯に受け止められる人間でいたいと思います。

学校には殆どいかずにいます。 どうやら生徒が沢山集まる場所で、ゴシップ大会が多いのだそうです。 暇だよねぇ。 他にやること一杯あるのに。 ま、そういう事をしているのは数人のようだけど。 たまたまそこにいた友人達が、その様子を教えてくれたので、あえて近づかないようにしています。 今現在は、ある人の離婚の話題で盛り上がっているそうです。 仲の良い人達だと思っていたけど、仲の良い不利をして後ろで笑い者にしてるというのは、世の中どこでもある事なのでしょうか。 人の不幸を面白可笑しく広げる感覚が私には分からない。 というか、そんなことどうでもいいことじゃないかね。 一日中、そのゴシップ部屋で勉強もしてないで何してるんだろうか? 私と仲の良い生徒二人も、出来るだけその部屋に近づかないようにしています。 出会うときは、学校の外で会っています。 そういうネガティブなゴッシップの渦には触れたくもないわけです。 というか、もっと他に大事なやることが沢山あるわけです。

人の口に戸は建てられないといいますが、自分に尊厳があったら、『ゴッシップは言わない、聞かない』というスタンスが必要です。 どの世界にも、こういう輩はいるんだね。 そう、博士というステータスがあってもなくても人間。 

さてと、今日も一日がんばりましょう。 
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ RSSフィード

◆ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright gatos y una estudiante doctoral all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by コーチングブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。