gatos y una estudiante doctoral

猫をこよなく愛し博士修行に励む日々

◆ プロフィール

riel

Author:riel
アメリカで博士号をとり、近々大学の助教授となります

◆ やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ 月別アーカイブ

◆ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
かたち
いろいろと形が見えてきだした時期です。 あと数ヶ月後にプロポーザルを提出して、あとはデータコレクションを秋に集中して行う。 その間に出来れば教えたいのだけど、アソシエートディーンとの仕事が長い先まで続く仕事になる予定なので、そちらとのバランスを考えねばならない。 私の前回の仕事をとても認めてくれていて、実は今回は学生としてのリサーチアシスタントではなく、コントラクトワーカー、つまり大学の契約職員という形で働かせて貰っている。 つまり、フルで働いているのと同じことなので、ポスト修士の仕事の経験にもなっている。 ということで、仕事と学校と両立している状態。 卒業するまで働けないと思っていたが、これで卒業予定まで働き続けることができれば、良い履歴ともなる。 母が良くなったばかりか、率先して食事を作ってくれるので本当に助かっている。 
仕事の内容も、ソーシャルワークの研究者としては、願っても中々出来ない経験をさせてもらっている。詳しくは話せないのだけど、沢山の大学が起こしたくても起こせないような事業内容の、初期からのプロジェクトの一員として働ける事は本当にエキサイティングな事だ。 チャンスを与えられたわけだから、それに応じるように日々頑張っている。

博論のプロポーザルもおおむね出来上がっているのだけど、今は焦らずに色々な資料と何度も照らし合わせたりしている。 この博士論文は、もし将来大学で仕事をしたいと思ったときに、プレゼンとして使うものなので、セールスの道具でもあるということ。 リサーチ方法よりも、どれだけユニークな研究をしたかは大事な事だという。 元々私のリサーチエリアはまだまだ沢山の人が関わっていないので既にユニークなのだけど、アプローチの仕方をチェアを含め色々な教授が意見をくれる。 そんな時、決して奢らず、色々な人の意見に耳を傾けるようにしている。 『自分のやり方が一番だ』といこじになってしまうことは、研究者として一番避けねばならないこと。 勿論最後は自分で決断するし、ジャスティファイするのだけど、そこまでの道のりに出来るだけ多くに人の意見を聞いてみる事は、研究に限らず、どんな仕事ををするときでもMUSTだ。 どんな『仕事』でも自己中は失敗のもと。 

ということで、何となく色々なものの形が見えてきた春になった。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ RSSフィード

◆ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright gatos y una estudiante doctoral all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by コーチングブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。