gatos y una estudiante doctoral

猫をこよなく愛し博士修行に励む日々

◆ プロフィール

riel

Author:riel
アメリカで博士号をとり、近々大学の助教授となります

◆ やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ 月別アーカイブ

◆ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
辰年
あけましておめでとうございます。 今年は辰年。 やっと卒業の日が見えてきました。 今学期に卒業の予定です。 長い年月がかかりましたが、この五年で学んだ事は本当に沢山。 何時の日か、この五年間に蒔いた種が目を出す日がくると思います。

就職は色々考え中。 去年から難民救済事務所でコーディネーターとして働いています。 大学の福祉学部で教えるには、最低二年間のプラクティスの経験がないと、なかなか正規の大学の仕事はありません。 それもあるので、あと一年はこの事務所で働きながら、この先を決めたいと思います。 何よりも、私は今の家から越す気もないので、通える距離にある大学で仕事が取れればいいなぁとカジュアルに考えています。 家もあるし、父のお墓もここのあるし、夫の仕事もここにあるし。 そう考えると州外に行く気はまったく起こりません。 教える事も、リサーチも好きなので、チャンスが舞い込めばと思っています。

私の同期も皆助教授として既に働き出していて、色々情報をくれるので頼もしいですね。 博士号をとれば、一人身の若い人達は、全国の大学で沢山の機会があるので、あちらこちらに散らばっています。 皆二年間のプラクティス経験もあるので、良い大学にテニュアコース(数年後に終身雇用権を獲得できるコース)で助教授として就職しています。 出世欲のあり、かつ優勝な人は皆このコースですね。 中には、テニュアコースでは無い事を恥じて、噓をつく人も居るくらい、このテニュアコースのある大学に就職する事はMUSTではあります。 テニュアコースでもなく、しかもあまり有名ではない大学に就職した事を恥じて、アメリカのソーシャルワークでは常に上位にランクしている、ペンシルバニア大学でテニュアの仕事が取れたと、他の生徒に噓をついて出て行った人が居た事を何人かに聞かされました。 何だかその話は、「悲しいね」と仲の良い友人とため息をつく出来事でした。 いいじゃない、どんな仕事だって、自分に自身があったら、堂々としていれば。 博士号という最高位の学位をとっても、自身が無い人が実は多いのです。 博士号というラベルではなく、自分がしてきた努力に自身があったら、こんなことないのにね。

ということで、私は暫く今の仕事をつづけて、二年間の経験を積んだああと、就職活動です。 何とかなるでしょう。 それよりなにより、妻として何も機能してこなかったので(笑)、兎に角夫と楽しい時間を沢山過ごしたいなぁと思っています。 さ、卒業まで数ヶ月、頑張ります。 又ココでそのとき良い報告ができたらと思っています。 辰年に、良い事が沢山まっているようで、久々にウキウキした春になりそうです。
スポンサーサイト

◆ ブログ内検索

◆ RSSフィード

◆ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright gatos y una estudiante doctoral all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by コーチングブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。