gatos y una estudiante doctoral

猫をこよなく愛し博士修行に励む日々

◆ プロフィール

riel

Author:riel
アメリカで博士号をとり、近々大学の助教授となります

◆ やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ 月別アーカイブ

◆ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
信頼
今学期は卒業する人が結構多いようだ。 五月の卒業式に近づくにつれて、博士論文の試問が次々と予定されている様子。 これを博士課程の生徒は見学する事ができる。 自分の勉強にもなるので、私も全て行く予定。 

自分もこの一年後にはと思うと感慨深い。 仲の良い二人の友人と卒業時期が同じになりそうなので、お互いにこれから一年叱咤激励しあい、一緒に卒業式に出ようと話し合った。 この時期に助け合える友人がいると居ないとでは大違いだ。 

私の場合、父と母の看病があったため、実質一年半を失っていた状態。在籍期間だけを見ると長いのだけど、内容をしっている教授たちは色々と理解してくれている。 新しい博士課程の部長もそのへんを知っていて、『あなたは大きな家庭での仕事も頑張ったんだから、焦らなくて良いのよ。』と私の顔を見るたびに言ってくれてありがたい。 博士課程は学校側もお金がかかるプログラムなので、早く卒業して欲しいのは本心だと思う。 そんな中でも、ディーンもアソシエートディーンも、全てを理解してくれている。 両親の世話だけではなく、今現在のアソシエートディーンとの仕事が学校にとっても大事業となる物なので、その仕事にかかる時間も考えて、本当に色々理解してくれる。 ありがたいこと。

どんな世界でも、『信頼』を築くことは大切。 今現在の目先の事のためではなく、コツコツと人との信頼を築いていくことは、先々『いざ』というときに本当に役に立つ。 その代わり、信頼というものは一日では成り立たない。 時間をかけて築いていくもの。 そして、一度でもその信頼を傷つけたら、簡単に崩れていくもの。 だから、『瀬戸物を扱うように』していかなければならない。信頼を築くために大事な事とは。 それはどこの国の人でもおなじ、『礼』と『義』だといつも思う。

学校で、『挨拶をするときもあれば、こちらが挨拶したのに全く挨拶を返さなかったりする人』がいて、それが数人の人の話に上っている。 私は自分だけかと思っていたので、ある意味ほっとした。 生徒なのだけど、教授にもそういう態度らしく、あちこちで噂になっている。 そう、信頼とはまた『Consistancy』が重大要素だと思う。 礼をもった相手との付き合いかたに、ムラがあれば信用を失う。 これは、社会に出ている人であれば皆当たり前の事だけど、そういえば10代のころとかは、そういう基礎知識も無かった気がする。 真横に居たので、『こんにちは』と挨拶しても、自分の気分が悪いのか、想いっきり無視される。 私も、最初のうちはそれでも、こちらも大人だから、こちらから挨拶をしていたが、あまりにアホらしくなってやめた。 他の被害者も、『すっごく気分がわるいい。 あれだけ無視をしていおて、ある日突然抱きついて挨拶しきたのにはぞっとした。 気味が悪い。』という。 これの繰り返しをすれば、人から信頼をなくすことはしょうがないね。 だから、いつも私は思うのだけど、『知能指数』と本当の意味での頭の良さというのは比例しないのだと。 『先生』とか『博士』と呼ばれる人だから、必ずしも人間が出来ているとは限らないのだ。 否、人に『先生』と呼ばれる人だからこそ、努力をしなければ成らないのだと思う。 

そしてもう一つ、人間として、信頼を人から得るための『義』。 噓を着いてはならない。 誰でも、人のための、良い意味での噓くらいはつくと思う。 しかし、他人を陥れるような噓だけは着いてはいけない。 それは必ず、遅かれ早かれ明るみに出てくる、そして自分に同じ形として返ってくるのだから。

一緒に卒業を目指す仲間達とも、そんな話をしている。 ただの『ラベル』とならないように、精進して『博士号』ととりたいねと。 
スポンサーサイト

◆ ブログ内検索

◆ RSSフィード

◆ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright gatos y una estudiante doctoral all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by コーチングブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。