gatos y una estudiante doctoral

猫をこよなく愛し博士修行に励む日々

◆ プロフィール

riel

Author:riel
アメリカで博士号をとり、近々大学の助教授となります

◆ やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ 月別アーカイブ

◆ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
韓国サウナと先生一年生
メキシコから帰ってきて、あっという間に一ヶ月近くたっている! 学校関連のことでやらなければいけないこととか、時間があるうちに母に出来る事など等であっという間に時間がすぎた感じだ。 そうそう、韓国人の友人Kに連れられて、韓国のサウナ・スパに行って以来はまってしまい、既に数回通っている。 日本の健康ランド的な『お風呂』込みの総合的な大人の遊び場という感じで、まるで日本にいるような感覚。 アメリカでは絶対無理だとおもっていた男女に分かれたお風呂場に感動。 

http://www.dallaskingsauna.com/

テキサスに越してきたとき冗談で、『いやー、これで温泉ランドみたいのがあったら何もいうこと無いなぁ』と温泉好きの夫といっていたのだけど、本当になってビックリ。 日本のそれとはちょっとちがうのがサウナの種類と数。 Kが最初に連れて行ってくれたおかげで、ちょっと日本とは違うしきたりに戸惑うことも無く楽しめた。 

Kはただ今老人学の博士課程一年目終了。 ソーシャルワーカーとして働きながらの苦学生。 歳も近いこともあって、ざっくばらんに何でも話せる大事な友の一人となった。 ベタベタした付き合いじゃないけど、大事なときに助け合える、信頼できる友。 

そしてそして、今週は来週から始まる『教える』仕事のためのミーティングが続いた。 大きな大学なものだから、あれこれ規則があって大変。 働く立場になって初めて見えることも多々あり。 生徒といお客さんの立場だけではないので、ビミョーな感じ。 

いつも混雑している生徒専用の駐車場はファカルティーになったら使わず、ファカルティー専用に移れるんだと過去のケースから勝手に理解していたが、それが違うとわかる。 おー、慌てて生徒専用より値段の高いファカルティー専用のパーミットを買わないでよかった。 『非常勤講師といっても、まだ博士課程に在籍しているものは、二つ以上のクラスを教えていない限り、ファカルティー専用の駐車場の使用を禁じる』というお達しを文面で受ける。 これは昔からの規則だと強く言われた。 多分、今回の新しいファカルティーとなるメンバーが『え? 博士課程の生徒でも駐車しているよ?!』というコメントをミーティングで出してしまった事で事態が露呈したらしい。 直後にあちこちで、このお達しが流されていた。 つまり、今まで知らないでファカルティー駐車場にとめていた博士課程生徒は規則違反を犯していたことになってしまう。 これ以上この過去の事実が大事にならないでほしいけど。  多分これからは駐車場でチェックが入る事になるのかな。 私は夜教えているので関係なののだけど、それがステータスだと思っている生徒も居たら、それは残念なことだろう。 それくらいのステータスのためにお金を多く払うのも私は嫌だ。

そんなステータスより、今は『教える』という事の重責を感じる日々。 生徒達が払っている授業料も勿論だが、彼らの要求する知識を出来るだけ与えられるために、自分が努力せねばと思う。そういう意味での緊張がある。 チェアの教授が、『君は自分の勉学もあるのだから、一週間全ての時間を教えるための準備に使うようなことはしてはだめだよ。 そういう生徒も見たけど、それではタイムマネージメントの能力を問われる。』とアドバイスを貰う。 やっぱり自分がチェアする生徒は自分の子供みたいな物だから、色々な面で正直に的確にアドバイスを貰うので、感謝せねばいけない。 それでも、たった一日程度で準備を出来るなんて無理だし、生徒にも失礼だろう。 そういう事を考えると本当に重責を感じざるを得ない。 自分では英語をしゃべるのには慣れているほうだといっても、やはり母国語では無いので、生徒に分かりやすいようにという事も心がけなければ。 英語に問題があるインストラクターは生徒から相当苦情がくるという。 中には『もう一度英語の学校にいってくれ』といわれる人がいるとか居ないとか。 生徒側からいえば、そういう気持ちになるのも分からなくもない。 お金払っているんだという自負もあるのだろう。 

兎に角、教えるときにもてる『自信』は唯一『準備』からしか出てこないのだ。 生徒が満足して貰えるように、頑張ってみたいと思う。 かといって、生徒のご機嫌取りになるのも問題だとも思う。 生徒からの査定ばかりを気にして、授業内容を楽にしすぎても、相手に失礼でもある。 色々なバランスを考えていかねばならない。 チェアも含め、色々な教授からもアドバイスをもらえるわけで、『先生一年生』として頑張ってみよう。 
スポンサーサイト

◆ ブログ内検索

◆ RSSフィード

◆ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright gatos y una estudiante doctoral all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by コーチングブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。