gatos y una estudiante doctoral

猫をこよなく愛し博士修行に励む日々

◆ プロフィール

riel

Author:riel
アメリカで博士号をとり、近々大学の助教授となります

◆ やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ 月別アーカイブ

◆ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
自他一如
福祉関係の仕事をしていたり、猫助けの仕事をしていると、相当慈愛に満ちた人だと勝手に思われてしまうことがあるけれど、そういう事を自負したくないし、そうではないと思います。 私の中での人助け猫助けは、自分があって自分の生活があってのものだと思う。 だからSmall & Close Thingsだけに関わろうと思っている。 自分には到底続けられないであろう大きな慈善行為は、責任が関わるのでいい加減な刹那無き持ちでは始められない。 ネット上では簡単に、何か事件(戦争・災害)などが起こるとその時だけの感情や、『かわいそう』という気持ちだけで動いてしまって、結局長く続かないことを見かける。 ネットであっても一度関わろうとした事柄には、とくにそこに援助を求めている人たちが待っているとしたら、かかわり続けなければいけない。 ネットで騒がれた時だけ、 沢山お金が集まったり注目が集まったりしたけど、その後がさっぱりという事を当事者から聞くことがある。 自分の生活を見渡して、できない事には相手のためにも最初から絶対手を出してはいけないのだと思う。 それがネット上で、その事柄のその後の経過のレポートだけでもいい、沢山の人を啓蒙する発言があったのなら続けていく責任がでてくる。

それでも、人助けや猫助けなどという関係の活動をしていると、偽善だと言われたりすることもある。 それはそれでいいと思う。 そう思いたい人にはそう思う自由があるのだから。 私の中では人がどう思おうと全くもってどうでもいいことで。 ほめられるのも変だし、崇められるのも変、だからその逆に『偽善だ』といわれるのも変。 何を言われても、それはその人の心の問題だから、そういう事をかまっていたりする時間がない。  その人を批判する気持ちも全く持ち合わさない。 ある意味、そういうことには無関心になった。 私がしていることを偽善だと思うのなら、その人の心の中ではそうなんだと思う。 だから、それをとやかく言う気持ちも到底無いのだ。 それはそれでRespectしたい。

自己犠牲を他愛や慈善だと思う人がいるけれど、私はそうじゃないと思う。 仏教的な考えから言えばそれは間違いで、『自他一如』という自愛と他愛が別のものとして一対となったものが、本当の慈善だと思う。 そういう『人を愛することができる自分』を愛おしく思う心が、慈善であり他愛であり自愛の心なんだと思う。 自分を大切にできない、自分を好きになれない人のそれは、自己犠牲となり長続きしなくなってしまうのだろうと思う。 

Giving is receiving.  人を愛することで、自分も沢山愛が返ってくる。 そして本当に得をしたような気持ちになる。 自他一如の心は、そんなに難しいことではないと思う。 

そのために、自分が出来る事への限界も知っておかねばならない。 心の優しい人は、『この世の中こんなに沢山悲しい出来事が起こっているのに、じゃぁ全てを助けることは出来ないのか』と鬱々としてしまうかもしれない。 でも、『自他一如』の心と『縁』を重んずる考えがあれば、それは上手に解決される。 私は『自分に縁がある』と感じる事柄のみ全力投球しようと思う。 ほかの事は、きっと他の人たちが縁を感じているだろうと、ある意味社会の中の人たちを信頼しようと思う。 動物好きだけど、特に『猫助け』に縁を感じている。 世の中の戦争や貧困全てを無くしたいけれど、自分が長い間に縁を感じているのはビルマとチベットに関する事だけ。 これは個人的な出会いや出来事がきっかけとなり続けている事、所謂『縁』というもの。 それも、大きなことをしなくてもいい、Small & Close Thingsでいいと自分で思っている。 

でも、一つ心に決めているのは、『口だけじゃなくて行動』。 人助け、動物助けを『語る』事は誰にでも出来る。 でも、それを黙って実行し続ける事は努力を必要とされる。 そして、一度始めたら、途中で休憩があったとしても続けること。なぜなら、相手は『生き物』なのだから。 その時の自分の思いつきで始めては、命ある相手も迷惑となる。 それだったら、全く関わらないほうがよっぽどマシなのだ。 
スポンサーサイト

◆ ブログ内検索

◆ RSSフィード

◆ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright gatos y una estudiante doctoral all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by コーチングブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。