gatos y una estudiante doctoral

猫をこよなく愛し博士修行に励む日々

◆ プロフィール

riel

Author:riel
アメリカで博士号をとり、近々大学の助教授となります

◆ やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ 月別アーカイブ

◆ カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
学会
南アフリカでの学会に今週半ばに向かう。
ソーシャルワークの分野では、世界的規模に行われるもっとも大きな学会。
二年に一度しか開かれない。
もちろん自分の発表も大事なのだけど、
色々な人脈を広げるためにも、是非出席したい学会。
一緒に行動する仲間として、私より数年先輩のコロンビアからきたC。
そして先学期『Education』のクラスを教えていただいたE教授も学会で会える。
彼女には、父の大変な時期、色々な意味でサポートしてもらった。
私が学会で発表するということを、とても喜んでくれた一人。
一週間という比較的長い学会の間に、
自分もどれだけ学べるかも楽しみ。

南アの学会に投稿したのと同じ時期に投稿した
ネパールで行われる学会の選考結果も、忘れたころにやってきた。
これも晴れて合格ということで、すでに合格している友人Dと一緒に行くことになると思う。
これは11月のことなので、まだまだ余裕がありそう。
四月に行われた国内の初学会をあわせて、今年はこれで三つ目の学会発表となる。

私のリサーチ分野は、どうしてもInternationalなものなので、
海外の学会が多い。
来年にはブラジルでの学会も開かれるので、
これも投稿しようかどうか思案中。

アフリカに行っている間、夫と友人達が父をサポートしてくれることになった。
この状況で行くことを戸惑ったときもあったけど、
夫の全面的なサポート(仕事を休んでまで)と
看護婦さんである友人のサポートに甘えて、
思う存分がんばって来れそうだ。
スポンサーサイト
忙しい日々に感謝
ココのところ急に忙しくなっています。
コアコースの授業もあるのですが、
他に学校関係や、将来の研究の関係で
色々な人に会うことが増えています。
卒業は二年後にできればいいなぁという感じですが、
最後の方は博論で忙しくなるので、
今のうちに出来る事に、色々と手を出しています。

そして、色々人にあっている日々の中で、
幾つか又新しい素敵な出会いがありました。
何時も思うのですが、自分の気持ちに偽りなく、
そして、ただ良い成績をとりたいとか、よいRecognitionが欲しい
というような自己欲を出来るだけ振り捨てて、
何かもっと他の大欲のために動いていると、
ちゃんと、何処からとも無く手を差し出してくれる人との出会いがあるのだと、
つくづく感じることが多い日々です。
とても大事な、とても大きな出会いが幾つかありました。

学校でも、クラスメートも他の学年の生徒たちも、
色々親身に助けてくれる人が多く、
ありがたい事だと日々思っています。
どんな時も、心からの感謝の気持ちを持てるようにしたいです。

大統領選は、スーパーチューズデーを控えている時期になってしまいました。
色々と書きたいことが続いていたのですが、
忙しさにかまけてしまいました。
今でも、それぞれの候補者の色々な議題に関するポジションを、
色々情報を集めて読むようにしています。
外から見た刹那な話題で選挙戦を判断するのではなく、
それぞれの『政策』をしっかり理解したうえで、
自分の意見を言えるようにしたいと思います。

更新がまた滞る日々がつづくような気がします。
いつまで続くか分からない状態ですが、
続けられるうちは、また色々と書けたらいいなぁと思います。
教育者
早速新しい学期がはじまり忙しくしています。
今学期は、Educationのセミナー、学部外のクラス、そして
リサーチの実践のクラスをとっています。

どの教授も、色々違った意味で素晴らしい面々。
今学期はどういうInspirationをもらえるか今から楽しみです。

そのなかでも、Educationのクラスの教授は
人間としても教育者としても素晴らしい方。
私のコミッティーにはいっておられるので、
何度か個人的にお話する事ができ、
そのお人柄にずっと魅了されてきていました。
そして、Ph.D.ではなく、Ed.Dという教育専門の教授です。

彼女の言動や、クラスでの教え方を見ていると何時も感心するし、
将来教育に携わるかもしれない人間としては、よきお手本だと思います。

まずは、相手が誰でもキチンと自分の意見を伝える。
それが相手の意見と相反していても。
そして、その反対に違った意見の相手にも、とてもよく耳を傾ける。
先週の授業での彼女の一言、
『自分にいっつも同意している人なんておかしいじゃない。
 私は、”先生、私は先生と意見が真っ向から違います”と
 言える生徒が好きだわ。』
そして、ある時この教授と個人的に話していたときの会話に、
『私はマインドゲームをする人はいやだわ。
 (つまり陰で小細工やウソをつくことがが嫌ということでしょう。)
 率直に、正々堂々としているのがいい。』
といっていたのが、とても印象的でした。

世の中、往々にして、自分と違う意見の人間を排除したがる人が多い。
もしくは、インテレクチュアルな意見交換の場なのに、
感情的に反論しあっているケースも良く見ます。
ネットでも(特にネットだから)、こういうケースはよく目にします。
意見が違うもの同士が、気持ちよく正々堂々と意見交換して
Agree to desagreeがなされているマチュアな場を
たまに見かけるとほっとしたりします。
意見が違うもの同士だからこそ、意見を正々堂々と交換して、
お互いを高めあっていく事こそ、教育の場には必要なのだと思います。

自分も、できるだけこの教授のように、正々堂々と
どんな相手にも自分の意見を伝える事ができて、
違う相手の意見を聞ける人間でいることに努力をしないと
『人を導く』立場にたったときに、困難に遭遇するだろうと思いました。

このEducationのクラスの教授は、とくに教育の場所で相手に自分の意見を
押し付けてしまうのは、プロパガンダそのものだと言います。
きっと何処の大学院でも、最も学部とちがってくる要素は
『Critical Thinking』という事だと思うのですが、
この教授も、その大切さを日々の生活の中で身を持って語ってくれています。

小さい頃から、『先生』と呼ばれる教育者に数多く出会ってきたわけですが、
こういう、人間としても教育者としても尊敬できる師に出会える事は、
人生の何よりもの宝物かもしれません。
クラス2006!
Class

三学期目が無事に終わり、来学期は『クラス』という形式をとる
コアコースとしては最後の授業となります。
その後は、個人々で博士論文のプロポーザル、そしてその本番へ。
幸い、私の学年は最初の学期はバラバラという感じだったのだけど、
その後はその逆。 本当に結束が強いクラスなので、
コアコースの後も、お互いが助け合えることは助け合おうと話しています。
教授たちにも、
『貴方たちのクラスは面白い。 いつ入ってきても皆で大笑いしていたり、
 よく一緒にいるようだし、Ph.D.のクラスにしては珍しい。』
といわれています。 

Ph.D.となると、お互いの競争心が満々で、誰も信じることが出来なくなったり、
明け透けに自分の研究の事も語れない事が多いそうです。
ましてや、『助け合う』なんてことは殆どありえないとか。
今は転校してしまった韓国人生徒のSなどは、
彼女の書いたペーパーを皆で英語チェックをしてあげたりしたいたのですが、
これも本当に、このクラスならではとビックリする事でした。
だいたいアメリカの大学だと、
アメリカ人生徒VS.外国人生徒のような形になったり、
人のペーパーまで面倒見るような人は居ないからです。

確かに授業が無い時でも、お互いが何をしているのか、
何か助け合う事が出来る事があるかと常に電話やメールで連絡しています。
これは、狭いアカデミックな世界では、将来色々な意味で大切な事。
アメリカでも『誰を知っているか』はとても大事な事です。
これからも色々助け合っていけたらと思います。
私たちにとってこのクラスメートは、決してライバルではなく、
同士なのだと思います。 お互い精神的に助け合う事が出来る仲間です。

写真は、そのクラスメート達。 
(私は向かって左の上)
今学期の最後に、記念に撮りました。 題して『サバイバー』。(笑)

◆ ブログ内検索

◆ RSSフィード

◆ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright gatos y una estudiante doctoral all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by コーチングブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。